ウェブマガジンとビデオブリーフから成るOur World 2.0 は、気候変動、石油依存、食糧安全保障、生物多様性という複雑な課題と我々の日常生活における相互の関連性について探索するサイトです。

このプロジェクトではポスト石油、未来の低炭素社会、全ての人の為に十分な食糧、の為行われている移行について情報を提供し共有します。

なぜ今なのか?

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)によると、今日のレベルで排出を続ければ、数値に多少の差はあっても21世紀にかけて1.8ºC から 4ºCさらに気温が上昇する事が予測されます。

京都議定書の目標である2012年は迫ってきており、多くの国は既に2050年を目標としたさらに徹底した二酸化炭素の排出削減目標を立てています。我々はこれらの動きを追いかけて変化が起こるにつれてそこから学ぶ事ができればと考えています。

石油の値段は2003年から急激に上がり続け今後$200近くまで上がると予測されています。この事実は石油依存の経済に大きなインパクトを与えます。さらに安い輸入食糧に依存している発展途上国、先進国への影響も大きいでしょう。値上がりする石油価格、バイオ燃料への切り替え、そして気候変動災害を含む温暖化の影響は、食糧の供給力と値段に影響を与えています。農産業の拡大および森林伐採もまた生物の多様性に深刻な被害を与えてきました。これらの全ての問題が今後何十年も 懸案事項であり続けるでしょう。

これらの最悪の影響を軽減する為には今から全社会的な変化が必要なのです。私たちの世界は再構築されなければいけないのです。

サイトの対象者

Our World 2.0は政策立案者、変革を行う方々、一般の方々へ情報を提供いたします。高等教育(大学院生および大学院卒)を中心とした学生、そして専門家や 実践者の為の教育の役割も果たします。

デザインと技術

ウエッブ・マガジンはwordpressを利用しています。ウエッブ・マガジンにて使用されるビデオはVimeoをホストとしています。Explorer, Firefox, Safariにて互換性はテスト済みです。

著者

ウエッブ・マガジンの記事は国際連合大学のエキスパート、ゲスト、そして国連大学外の専門家の意見等によって構成されています。

著作権

Creative Commons Attribution-Non-Commercial-Share Alike 3.0

プロジェクトタイトル

Our World 2.0

Copyright 2007 - 2013 United Nations University

Brought to you by theUnu Media Studio